0

令和です!!

平成から令和時代に入りました。

令和を英語で訳すと、ビューティフル・ハーモニーと言うそうです。今日のワイドショーでおばちゃんが言ってました。

そうですね。美しく調和の取れた時代になるといいですね・・って、他人事ではなく、私も何か貢献しなければ(汗)

令和元年初日が終わる前に、このブログにも一言書いておきました。

家族が、子どもたちが幸せに暮らせる時代であってほしいと思います。

 

k小Nさんの作品

「いちごを食べているようす」だそうです。

0

いよいよ明日から!

満開の桜とともに新学期が始まります。

自分としては、ずいぶん長い準備期間だったなと感じています。

しかし、メンタル的にもフィジカル的にもある程度リフレッシュできたようです。新しい環境(再赴任)ですが、なるべく早く仕事のペースをつかみたいと思っています。

新たな出会いや懐かしい再会が楽しみです。

*写真はWAKEと館林の桜です。トイカメラ風に仕上げてみました。

0

ピカソのゲルニカ

Facebookでも紹介しましたが、本年度、私が勤務する学校の体育館入口です。ピカソのゲルニカを模写したものです。

この絵はかなり昔に、当時の6年生が描いたものです。

まだ、しっかりと残っていました。

平成の始まりに赴任した学校へ、平成の終わりに再び赴任しました。

まもなく、令和の時代に代わりますが、みんな元気かな?

 

そうそう、このブログへのコメントは題名をクリックすると投稿できます。

メールでなくても大丈夫ですよ〜(^o^)

0

新元号開始は5月1日から!

shell_ghostcage / Pixabay

いよいよ明日、元号の発表があります。

いったいどんな元号になるのやら?「平成」は、戦争がない時代でしたが、天変地異がたくさんあった時代でもありました。

新元号は日本で生きてゆくすべての人々にとって、平穏な日々が続く時代になってほしいと思います。

明日の今頃、正確には11時30分に発表があります。

そして、開始は5月1日からです。

0

村の演劇部 その2

暇・・なわけじゃないのですが、リメイク版の脚本を1本アップしましたのでお知らせします。

少人数(3人)から大人数までが上演できるちょっとした実験シナリオです。そのうち、「村の演劇部」というコーナーを立ち上げて、学校での上演のみならず、演劇部の皆さん。さらに、劇団の皆さんを応援したいと考えています。

今回は、わくわく2の中から、「わ・ら・し」のPDF版を公開いたします。興味がある方は、ご覧ください。

ご使用の際は、ファイルに付記させていただいた著作権等をご覧ください。

0

そうだ!!村の演劇部を作ろう!!

Santa3 / Pixabay

児童劇のシナリオを書き始めてから、もう、相当な年月が経ちました(遠い目)・・

おかげさまで、全国の小中学校やサークル・演劇部の皆様、プロの団体様、さらに海外の日本人学校様からのお問い合わせを多数いただき、書籍も3冊出版することができました。いただいた皆様の感想や写真等は、私の一生の宝物でございます。

一般の教員から教務主任・教頭へと職務が変わり、なかなか執筆の時間が取れず、新作を期待していただいた皆様にご迷惑をおかけいたしました。

しかし、そんなFUKUDAも定年退職を迎え、執筆に費やす時間が若干増えてきました。

さらに、学陽書房様のご協力もあり、本年度、新刊をお届けできることになりました。

新刊は、まだまだ第一次入稿の段階ですので、出版にはいくつか山を越えなければなりません。

前作「わくわく児童劇シナリオ3」(現在かなり高額で入手が難しい・・)をぜひ読んでみたいという声にお答えして、一つだけシナリオを公開いたします。

if・・・もしも ~森の発電所~ です。

興味がありましたら、ぜひご覧ください。

HP「スプリングビレッジ」及び「BLOG本日は晴天なり」では、順次シナリオを公開していきますので、ブックマークやご連絡をお待ちしております。

村長:FUKUDAより

 

 

0

コメント欄への書き込み方です。

fancycrave1 / Pixabay

思いつくままに、たらたらと続けてきたこのブログ「本日は晴天なり」ですが、コメント欄への書き込み方を改めてお知らせいたします。

コメント欄へカーソルを置くと、文字が赤に変化します。そこをクリックすると、書き込みスペースが出てきます。どうぞ、ご利用くださいませ。

ただし、管理者が確認してからでないと反映できませんので投稿後、少々お待ちいただくことになります。あしからず🙇

0

もうすぐは~るですねぇ♪

☆この写真はちょうど1年前・・といっても3月27日の画像ですが、今年も本格的な春が近づいているのは間違えありません。

春と言えば・・桜・・現役時代・・私は・・何度桜に思いを寄せ、力づけさせられていたでしょう・・咲く桜、散る桜・・

しかし、現在、私にとって桜は昨年デビューしてしまった「花粉症」の季節を意味するようになってしまいました(^_^;

本当に、目や鼻がとんでもないことになってしまいます。

良い薬が開発されたおかげで、被害は最小限?となっております。・・でも、つらいっす。

さてさて、FUKUDAの現状でございますが、今年の4月からは別の学校で初任者指導を行うことになりました。

今年度も、よい経験をさせていだだき、宝物を得た1年間だったと考えます。ありがとうございました。

次の勤務校は、県教委による公式な発表前なのでお知らせできませんが、初任者指導を進めながら「執筆」も、もちろん進めさせていただきます。

*学陽書房様からのオファーもあり、書籍として、わくわく児童劇シナリオベスト盤+αも今年、新刊を発表させていただきます。詳細については学陽書房様にお問い合わせください。

さてさて、私FUKUDAとしては、それこそ開店休業中であった本HP「SpringVillage」を大いに活用・運営して、劇の楽しさを子供たちに(子供たち以外にも)お伝えしたいと考えております。

新しい企画としては、日頃の学級指導や道徳の時間、保護者参観などに、少人数で取り組める(役立つ)シナリオ及びマニュアルを現在開発しております。

順次、公開いたしますのでご期待ください。ただし掲載は短期間ですので、チェックは必要です。・・これも著作権保護のためです・・m(_ _)m

また、書籍となっている過去の作品で、ご担当者様が興味があるものや、演出上の疑問・質問に対しても、それなりの対応をさせていただきます。

メールフォオームをご利用ください。

こちら、児童劇に関したは、ボランティア活動ではございますが、上演後の、感想等をいただくことをただ一つの条件とさせていただきます。

*演劇祭等コンクールに参加する際に発生する、作者の承諾書については、メールにて対応しております。メールフォームにてご連絡ください。

********ただし、劇団様等、入場料等の金銭をともなう上演等に関しては別途ご相談ください。

 

0

今日が終わってしまう前に

8年経ちました。

関東に住んでいながら、あまりにも大きな地震に職場(学校)や自宅の無事を大きく気にかけた3月11日でした。

毎年、慰霊祭をテレビで見て黙祷を捧げています。それが、たとえ授業中であっても子供たちといっしょに手を合わせてきました。

実際に、被災地を訪れる機会がありました。

その時に記録した写真がこちらです。大川小学校です。

 

今日も、NHKの特番を見ながら涙が止まりませんでした。

今日が終わってしまう前に、ここに記録しておきます。