0

ありがとうございました!

新刊の準備を再開します!!

こちらのブログ「本日は晴天なり(スプリングビレッジのブログ)」で、私自身がぶつかっていた「壁」について記事を書いたところ、メールフォームからとても参考となる返信をいただいたり、

Face BookやLineなど様々なSNSを通してたくさんのご連絡をいただきました。貴重なご意見をありがとうございました。

もし、「お礼のメールが届いていないよ~!」という方がいらっしゃいましたら、再度お知らせください。*何通かアドレス不明で返ってきてしまいました。m(__)m
また、うれしいことに数年ぶりに連絡を取り合えるようになった友達もいました。

新刊の準備を再開します。少々下がってしまったモチベーションを高めつつ、時間を見つけながら進めたいと考えます。

皆様、お世話になりました。待っていてくださった子どもたちや先生方、演劇部の皆さんへ最高の本をお届けいたします。

0

皆様にお願いがございます。

本サイトを閲覧してくださっている皆様。ご訪問ありがとうございます。

また、児童劇シナリオをご活用くださり心から感謝申し上げます。

皆様からのリクエストにお答えして、遅ればせながら「全員参加の児童劇シナリオ4」の執筆を進めておりましたが、出版社御担当の方より「市場からの情報が不足している」とのことで、現在作業が停滞しております。

市場の動向として、小学校では学芸会や学習発表会のような大がかりな劇はニーズが少なくなってしまったのではないか?(実際にはあるのですが・・)教室や授業(特に道徳)・集会活動で扱える劇を考えてみてはどうか?という方向に進みだしました。

しかし、出版社の企画会議では「集会活動(児童集会や各種委員会の発表・一年生を迎える会・卒業を祝う会)のニーズがあるのかないのか?情報がない。」ということが足かせとなっているようです。

リサーチをかけるにしても、こればかりは学校・特別活動主任や児童会活動担当の先生・子どもたちの考え方しだいなので難しいかもしれません。

そこで、わくわくシリーズの上演依頼やご感想を送ってくださった先生方にメールを差し上げましたが、忙しい時期と重なってなかなかご返信が集まらないのが現状です。

わくわく4に新たに載せたい全く新しいシナリオは4作完成しております。さらに英語劇が2作、そして他のシナリオはすべてリメイクしました。(作者としてこれから長く活用していただけるものと自負しております。)

リメイクの中に、オムニバス作品が含まれており、これが集会活動(児童集会や各種委員会の発表・一年生を迎える会・卒業を祝う会)に対応できるように仕上げたいと考えておりました。

特に集会活動で扱える劇について、(劇といっても従来のわくわくシリーズの要、子どもたちが自由に工夫できる内容は健在です)のニーズは果たしてあるのか、それともないのか、皆様のご意見をいただければと思います。

フォームメーラーからご返信いただければ幸いです。アドレスをお間違えないようにお願いいたします。短くてもけっこうです。必ず、ご返信いたしますのでよろしくお願いいたします。

平成30年8月29日 福田 哲男

 

0

わくわく3その後

このブログでお知らせした「全員参加のわくわく児童劇シナリオ3」の件ですが、現在amazon様の値段が元に戻っています。

prime販売も復活していますが、「一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。在庫状況について 注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。」との表示がでています。しばらく見守ってみたいと思います。

まずは、お知らせまでm(__)m

0

朗報\(^o^)/です!

学陽書房様より早速ご連絡がありました。

以下の書店で在庫があるようです。ただし、一店一冊程度とみられるため、購入の際には事前にお問い合わせくださいとのことです。

紀伊國屋書店 札幌本店様
紀伊國屋書店 セブンパークアリオ柏店様
ジュンク堂書 店岡島甲府店様
ジュンク堂書 店南船橋店様
丸善 松本店様
丸善 岐阜店様
ジュンク堂書店 難波店様
ジュンク堂書店 高松店様

また、直接、学陽書房様に注文することもできるそうです。

ただし、到着まで一週間ほどかかるかも知れないとのことです。

学陽書房様、迅速且つ真摯なご対応ありがとうございました。

心より感謝申し上げます。

0

ありゃりゃ・・どうしたことか?

市内の友人や他県の先生方から連絡がありました。
「全員参加のわくわく児童劇シナリオ3が買えませ~ん!」とのことでした。
まさか?と思いつつ、まずamazon様をのぞいてみると、なんと・・・倍以上の値段になっています。
しかも新品は売り切れ、すごく高い中古が扱われている状態。
これじゃちょっと・・手が出ないかも?
何が起きたのかな?と学陽書房様のホームページへ行くと、在庫を置いてないようす。
さらに、ネット書店へのリンクのページをすべて見てみると、「完売!」入荷の予定もないようです。
学陽書房様に相談の上、購入できる書店が見つかりましたら、TOPページにてお知らせいたします。
それまで少々お待ちください。
0

タイムマシン2 給食大好き♪MP3

私が30年前に作った曲「給食大好き!」です。paso-fukuda2

この曲は、私が受け持ったクラスや授業に関わった子どもたちなら全員歌えるはずです。

全員参加のわくわく児童劇シナリオ3「空のどうぶつえん」でも紹介しています。

スプリングビレッジにも掲載していますが、wordpressでも再生できるかな~?と思って貼り付けてみました。

普通にメディアとしてMP3ファイルをアップするだけでOK!簡単に成功!

でも、スタート時の音量を調整できないので注意!上のプラグインの音量を小さめにして再生するとよいと思います。

===============================================================

  給食大好き♪ 詞・曲 FUKUDA

*はらへったー!!

1 ジャガイモ ニンジン タマネギ お肉 

大きなおなべでコトコト煮れば おいしいカレーのできあがり

キュウリとレタスのサラダをそえて ごはんと牛乳用意はいいかい 

みんながそろえば「いただきます」

月曜日から金曜日は おはしを忘れず用意して 一日中で一番楽しいこの時間

 

2 国語に算数 理科に社会 給食タイムはまだまだ遠い おなかグーグーいいだした

音楽 体育 図工に道徳

いじわる時計はゆっくり回る おなかがグーグーいいだした

月曜日から金曜日は おはしを忘れず用意して 一日中で一番楽しいこの時間

月曜日から金曜日は おはしを忘れず用意して 一日中で一番楽しいこの時間

*いただきま~す!

==============================================================

0

てんぷく丸 東へ!

てんぷく丸 東へ!~海を渡ったサムライたち~

 

DSC_1434.01FUKUDAの代表作の一つでもあります。

時代は幕末。日本中は幕府側と天皇側とに分かれていがみあっていました。

そんな中、小さな藩がこの戦乱を乗り切るためにサムライたちをアメリカに送りこみました。

目的は「大砲」を手に入れるためです。てんぷく丸という危ない名前の船でサムライたちはアメリカに渡りました。そこで彼らが出会った人々は・・見たものは・・?

この脚本には思い出があります。現在は廃校になってしまいましたが、東京都の新島にあった若郷小学校様が閉校記念に取り上げてくださいました。

児童数は数名。しかし、先生方を巻き込んだ見事な演技と演出で、すばらしいステージを繰り広げていただきました。

後日、上演のようすを記録したDVDを送っていただき、拝見しました。とても感激しました。子どもたちや先生方、そして地域の皆さんのお役に立てたことを心からうれしく思います。

心から感謝!

*この記事の写真は若郷小学校様のようすではありません。足利市の小学校での上演のようすです。

web上にこちらの小学校のようす(動画)も残っていました。

0

ヒュードロンお化け学校

wakuwaku2_10ヒュードロンお化け学校

お化けにも学校があるのです。

立派なお化けになるために、お化けの子どもたちは人間の子どもたちと同じように毎日楽しく勉強しています。

今日の授業は、「こわ~い登場のしかた」です。

お化けの子どもたちは遊園地でさっそく勉強の成果を試してみることにしました。うまく人間の子どもたちを怖がらせることができるでしょうか?

この脚本をインターネットで検索してみました。

この学校で取り組まれていました。

こちらの学校でも上演されていました。心より感謝!

0

劇を楽しもう!

image121FUKUDAが児童劇の台本を書き始めたきっかけは、学芸会でした。

私が勤めていた学校では、学芸会が子どもたちや地域の方々にとって、運動会と並ぶ楽しみな学校行事でもありました。

体育館では、毎年11月になると、子どもたちの合唱や演奏、そして演劇に大きな拍手が鳴り響きました。

当時、「劇の台本」は何冊かの書籍にしかありませんでした。そこには、実に教育的な内容や勧善懲悪の台本がたくさん掲載されていましたが、私の感覚ではほとんどつまらないものばかりでした。

だったら、自分で書いてしまえ!とばかり一気に書き上げたのが「タピオカ・ツンドラ」の原型となる脚本でした。担任していた5年生の子どもたちの思いを作品に込め、彼ら・彼女らの個性を生かせるような演出を心がけました。子どもたちは、練習そのものが楽しく自分たちのアイデアをどんどん盛り込める脚本はとても気に入ったようでした。

そして、上演は大成功!子どもたち自身も観客の皆さんも満足してくれました。

これに味をしめたFUKUDAは・・・続きは上のリンク「劇づくりを楽しもう」をごらんくださいm(__)m